男性型脱毛症で頭を抱える男性

AGAとは男性型脱毛症のことです。あなたが思っているよりも悩んでいる人は非常に多く、誰にでも起こりうる問題です。俺には関係ないと余裕でいられるのも今のうちです。どういったものなのか知っておくことをお勧め致します。

薄毛のタイプがAGAの時は薬名プロペシアが効果あり

ひと口に薄毛といってもそのタイプとしては、様々なものがあります。
ストレスや生活習慣が乱れていることなどが原因で、引き起こされている薄毛であったり、円形脱毛症などもありますが、それとは別に男性ホルモンが関与することで起こる薄毛のタイプとして、AGAと呼ばれるものがあります。
AGAは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンと還元酵素の5αリダクターゼが結合することで、通常のヘアサイクルが極端に短くなってしまう原因となる、DHTという男性ホルモンが増えることが要因となって引き起こされることがわかっています。
AGAは薄毛のタイプの中でも、治療方法が解明されていることから医療機関を受診することで治療を受けることが可能です。
日本で厚生労働省の認可を受けているAGA治療薬として、フィナステリドがあり、薬名としてはプロペシアとして処方が行われています。
薄毛治療を専門的に受けることができる皮膚科などを受診することで、プロペシアを処方してもらうことが可能ですが、健康保険が適用されないために自由診療の枠組みで治療を行う必要があります。
プロペシアを服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害することが可能となることから、AGAの症状を食い止めることができます。
プロペシアと併用して使用することで薄毛を改善させる効果が得られるものとして、ミノキシジルの処方を受けることも可能です。
ミノキシジルは塗布タイプの医薬品で、髪の毛が薄くなっている部分に直接的に塗布することで、血行をよくする効果が得られることから、頭皮の育成に必要な栄養素を届けやすくなる効果が得られます。
プロペシアやミノキシジルは医薬品ですので、一定の割合で副作用が生じる可能性があることから、服用したことによって体調が悪くなったときには、速やかに医者に相談することをおすすめします。