男性型脱毛症で頭を抱える男性

AGAとは男性型脱毛症のことです。あなたが思っているよりも悩んでいる人は非常に多く、誰にでも起こりうる問題です。俺には関係ないと余裕でいられるのも今のうちです。どういったものなのか知っておくことをお勧め致します。

AGAとはいったい何?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略称であり、日本語で言えば男性型脱毛症であると言えます。成人男性によくみられる頭部の中心や前髪など、髪の毛の一部か全体が薄くなる症状のことを指すのだと捉えておいてください。
10代の思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪の毛の一方が、または双方から薄くなっていくといった特徴がAGAにはあります。AGAが発生する原因としては父親や母親からの遺伝や男性ホルモンの影響、ストレスなどが挙げられ通常の薄毛や抜け毛と同じように進行していくものと認識しておいて構わないでしょう。
AGAで悩んでいる男性の方は全国で800万人を超えていると言われており、何らかの対処を行なったことがある方も650万人と多くなっています。つまり希少な症状ではなく、成人男性であれば誰にでも現れる可能性がある症状がAGAなのだと言えるのです。
AGAは治療法や対処法が確立されており、適切な対処を施せば10代の頃と同じような状態にまで頭髪のボリュームを戻すことができるようになっています。AGA治療の専門クリニックや市販薬品が存在しており、それらを利用することで対策が講じられるのだと想像しておけば分かりやすいでしょう。とくに医師の指導のもとで頭皮や頭髪を若い頃の状態にまで戻せる専門クリニックでの治療や指導は、非常に効果が高く失敗する可能性が少ないとされているため、髪の毛が薄くなってきたと感じたら専門クリニックに向かうことが大切だと言えます。
AGAは40代50代といった高齢の方でなくとも20代から発症する可能性がある症状ですので、いわゆる若ハゲに悩まされている方も同じ治療や対策を受けるべきだと言えるでしょう。

AGAの原因と予防法について

男性型脱毛症のことを意味するAGAの原因は、親が薄毛だったことによる遺伝やジヒドロテストステロンが男性ホルモンに影響を与えることによる頭髪の成長不足などが挙げられます。また仕事や人間関係に問題を抱えていることからのストレスも、髪の毛が抜けたり生えてこなかったりする原因だとされているためAGAの発生要因のひとつだと言えるでしょう。
AGAの原因を個人で調べることはとても難しいと言えます。どうしても自身の薄毛や抜け毛の原因を知りたいというのであれば病院や増毛が行なえる専門施設などに行く必要があると言えるでしょう。自宅で自身のAGAの原因を調べる検査キッドなどが無い現状では、専門家の診断を受ける以外に知る術がないからです。
薄毛や抜け毛の原因は様々であると言えますが、親の薄毛から自身も将来的に頭髪が薄くなってしまうのではないかといった不安を抱えている方は、若いうちからとれる予防策を覚えておくといいでしょう。
では病院に行かずとも自宅で行なえるAGAの予防法としてはどのようなものが挙げられるのかというと、薄毛を予防する効果がある市販薬品のプロペシアを飲む、髪の毛が抜けるのを防いでくれる育毛剤を使う、発毛効果が見込めるシャンプーを利用するなどといった予防法があります。
プロペシアや育毛剤は病院で医師の診察を受けずとも個人で簡単に購入できるようになっているため、その気になれば10代の内からでも使用することが可能です。発毛効果が見込めるシャンプーは毎晩の入浴時に使うシャンプーの銘柄を変えるだけなので、こちらも楽に実行できるAGAの予防法だと認識しておいてください。ちょっとした努力でAGAの発症はだいぶ抑えられるため、家庭でできる予防法をいくつか試してみるといいでしょう。

助けて…AGAの治し方は?

AGAを治す手段として内服薬を飲む方法があります。脱毛してしまう根本的な原因は毛髪の成長サイクルを乱してしまう物質が増加してしまうからですが、内服薬ではその物質を抑制することが可能なのです。抑制することで毛髪の成長サイクルが正常になりますから脱毛が改善され易い状態に導くことができます。
外用薬を用いた対策法もポピュラーですが、外用薬には発毛を促進させる作用があるのが特徴です。しかも一般的な育毛成分とは異なりれっきとした医薬品成分ですので高い効果に期待することができます。発毛実績も数多く存在する薬ですので治療の際にも用いられることが多く、有効なAGA対策として活用されているのです。
基本的にはこのような薬を利用して対策を行うのが主流なのですが、他にも治療法として注射を用いる方法もあります。注入する成分はクリニックによって異なる部分もありますので一概には言えませんが、多くの場合は内服薬や外用薬の成分を含めています。注射ですと有効成分をダイレクトに頭皮に注入することができる為、内服薬や外用薬として利用するよりもさらに高い効果に期待することができるのです。
自毛植毛をするのもAGA治療のひとつです。自分自身の毛根を移植する治療法ですが、確実性があるのが特徴と言えるでしょう。自毛を移植する場合は高い確率で定着させることができますので発毛する可能性が高く、また自分の細胞ゆえに拒絶反応が起こってしまうリスクも低いです。その為、一度の治療で発毛させられることが多く効果的にAGA対策を行うことができます。
なお、移植する毛根はAGAによる影響を受けていませんので移植をした場合でも再度抜けるようなこともないのです。
■AGAに効果のある薬を探そう
通販できる人気のAGA治療薬
■AGAの薬ならジェネリック医薬品のこの薬がおすすめ
フィンペシア